JUNLGE ブランドロゴ

PAY.JP プラグインの設定

PAY.JP fo woocommerceプラグイン by JUNGLEは、JUNGLEがPAY.JPと連携して開発したWoocommerce用の決済プラグインです。

JUNGLEをご利用のお客様はもちろん、JUNGLEをご利用でないWoocommerceをお使いの場合もご利用可能な決済プラグインとなっております。

弊社経由でPAY株式会社とご契約を行うことで、本プラグインは無償でご提供させていただいております。

既にPAY.JPとのご契約が済んでいるお客様にも低価格でご提供可能です。

😃既にPAY.JPとご契約されておりましても弊社経由で新たにお申込みいただくことが可能です!

PAY.JP プラグイン by JUNGLE の設定方法

まずはプラグイン本体をお使いのWordpressにインストールします。

プラグインは弊社よりZIPで配布させていただいております。

JUNGLEサービスをご契約の方は既にインストールされております。

PAY.JP APIキーの確認

PAY.JPの管理画面にアクセスします。

https://pay.jp/

左メニューの「API」タブをクリックすると右図のようにAPIキーが表示されます。

プラグインに設定するキーを利用できるようにしてください。

・テスト秘密鍵

・テスト公開鍵

・本番秘密鍵

・本番公開鍵

PAY.JP プラグイン設定

お使いのWordpressの管理画面にアクセスし、

左メニューWoocommerce>設定をクリックし、決済タブを表示してください。

https://〇〇.〇/wp-admin/admin.php?page=wc-settings

「Jungle PAY.JP Pay」と書かれた行の管理をクリックしてください。

Pay.jpプラグインの設定ページが表示されますので、PAY.JPの管理画面から下記の内容をコピーして、入力してください。

・テスト秘密鍵

・テスト公開鍵

・本番秘密鍵

・本番公開鍵

 

その他の入力項目に入力を行ってください。

タイトル:決済ページに表示される決済名になります。お客様に表示される決済名を入力してください。

説明文:決済ページに表示される決済説明文になります。お客様に表示される決済説明文を入力してください。

決済後の注文ステータス:決済が完了した際に受注伝票のステータスが設定値に設定されます。Pay.jpのクレジットカード決済は決済と同時に確定されますので通常は「処理中」で問題ございません。

サイトURL:店舗のURLを入力

サイト名:店舗名を入力

JUNGLE PIM:JUNGLEサービスをご利用の方は必ずチェックをいれます。プラグイン単体でのご利用の方はチェックしないでください。

JUNGLE PIM番号:弊社からお伝えしたJUNGLEご契約者番号を入力してください。プラグイン単体でのご利用の方は入力しないでください。

本プラグインはオーソリと決済の確定 (キャプチャー) を同時に行います。
決済完了と同時に支払いが確定されます。

PAY.JP プラグイン テスト決済

※必ずテスト決済を行ってください※

PAY.JPの管理画面でテストモードになっていることを確認してください。

PAY.JPプラグインの設定ページでdebugモードにチェックを入れます。

設定ページの最上部「有効化/無効化」で有効化することで、店舗にPAY.JPの決済が表示されます。

debugモードにチェックを入れることでテストモードで決済が可能ですので、本番運用前に必ずテスト決済を行ってください。

PAY.JPのテストにご利用可能なカード一覧

https://pay.jp/docs/testcard

 

PAY.JP 本番利用申請

テスト決済が完了したら、ライブモードにして実際に利用できるようにする必要があります。

ライブモードに切り替えるためにはPAY.JPの審査が完了している必要があります。

PAY.JPの管理画面に入り、左メニューの本番利用申請をクリックしてください。

Visa/Mastercardの利用申請を行います。

3営業日程度で審査が完了します。

Amex/JCB/Diners/Discover/Apple Payの利用申請を行います。

こちらはVisa/Mastercardの審査可決後から15営業日程度で審査が完了されます。

先行してVisa/Mastercardのみで運用を開始することも可能です。

PAY.JP プラグイン 本番設定

PAY.JPの管理画面でライブモードに切り替えます。

ライブモードに切り替えるためにはPAY.JPの審査が完了している必要があります。完了していない場合はPAY.JPにお問い合わせください。

PAY.JPプラグインの設定ページでdebugモードのチェックを外します

debugモードのチェックを外すことで本番モードで決済が可能となります。

実際の運用前に本番モードでもテスト決済を行うことをお勧めいたします。

利用開始

その他のナレッジベース

商品管理マネージャー

その他

よくある質問

FAQ

JUNGLEでは現状バリエーションの削除機能がございません。

削除したいデータのリストをいただければ弊社側での削除を承りますのでお問い合わせください。

JUNGLEでは一度作成した商品への新バリエーションの追加が可能ですが、

バリエーションの削除・変更や入れ替えはできません。

登録した商品をJUNGLEから削除していただき再度ご作成ください。

※連携サイト側にすでにJUNGLEから登録している場合はサイト側の商品も削除してください。

商品の削除についてはこちらをご覧ください

 

 

商品CSVインポートでは、商品情報CSVのみのアップロード、商品情報CSVと画像ファイル(zip)の同時アップロードが可能です。

画像ファイル(zip)のみのアップロードはできません。

Yahoo用のCSVインポートについてはストアクリエイターProから出力したCSVをインポート可能です。

CSVヘッダは、[name][code][sub-code][price][explanation][product-category]が必須となりますので、ストアクリエイターProのCSVエクスポート設定で出力対象をご確認いただきご利用ください。

JUNGLEではバリエーションがある商品のSKUにつきましては

【代表商品コード]+ [バリエーション縦軸コード]+[バリエーション横軸コード]

での自動生成となっておりますので、指定したいSKUが上記のルールに該当する場合は、指定したSKUを生成可能となりますが、

バリエーションあり商品のSKUを直接的に指定することはできません。

1つの方法といたしまして下記の方法がございます。

①代表商品コードとして指定したSKUを割り当てバリエーションなし商品を作成します。※こちらはECサイト登録を行いません。

②商品登録用に、①の同一商品をバリエーションあり商品でご登録いただきます。※こちらでECサイト登録を行います。

③JUNGLEのセットSKUアプリを利用して、②に対して①を構成品としてセット商品を作成します。

セット商品機能につきましては下記をご覧ください。

https://ec-jungle.com/knowledge-base/set_product

 

在庫の引き当ては受注ステータスが引当待ちから次のステータスに移動する際に発生いたします。

自動引当に設定されていない商品につきましては受注ステータスが引当待ちから進むことはありませんが、

自動引当に設定されている商品の場合は引当待ちから次のステータスに自動で遷移することが可能です。

下記のステータスについてご確認ください。

https://ec-jungle.com/knowledge-base/受注一覧と受注ステータスについて

販売価格調整機能についてご案内いたします。

販売価格調整機能はカートやモール毎に販売価格を変更したい場合にご利用いただけます。

こちらの機能は商品一覧ページの各商品の「商品価格情報を編集」ボタンをクリックした先の、

商品価格情報に入力される金額の初期値をサイト毎に調整する機能となります。

入力方法ですが下記のようにご入力ください。

・500円高くしたい場合 = 500 [円]を選択

・500円安くしたい場合 = -500 [円]を選択

・20%高くしたい場合 = 20 [%]を選択

・20%安くしたい場合 = -20 [%]を選択

商品価格情報ページより更新した際にはじめてサイト側に適用されます。

初回にECサイト登録を行った際は基本情報の販売価格がサイトに送信されますのでご認識の上ご利用くださいませ。

商品一覧で、対象の商品の「基本情報を編集」ボタンを押下し、表示されたページの右上に削除ボタンがあります。
ここで削除すると、一旦商品メニューの削除済み商品一覧に移動します。
削除済み商品一覧に存在する状態ですと、一覧から削除されるのみで、過去の受注伝票等で参照され、データが保たれます。

削除済み商品一覧メニューで、完全消去すると、JUNGLE内から完全に削除されます。

クリックポストからは現状データを出力することができません。

JUNGLEへのインポートについてはCSVを作成することで対応可能です。

「伝票番号」と「発送伝票番号」の列をご用意いただき、伝票番号にJUNGLEの伝票番号を入力、発送伝票番号にクリックポストで発番された発送番号をご入力いただき、CSVを作成してください。

受注一覧のメニュー内で、「配送会社データから受注伝票に配送番号を反映」メニューよりクリックポストを選択して作成したCSVをインポートしてください。

「チェックした受注伝票の送り状発行用データを出力」の配送会社フォーマットと汎用が出力可能ですので、

出力時に同時に2つデータをエクスポートし、汎用CSVに発送伝票番号のみ入力してインポートするなども可能かと存じます。

JUNGLEでは楽天のSKUプロジェクトに対応しております。
楽天店舗のサイト情報でAPIを2.0に選択いただくことで、SKUプロジェクトに店舗に対応した状態で機能いたします。

楽天商品登録での各コード

楽天旧店舗のRMSで作成し、SKUプロジェクト店舗に移行した商品

SKU管理番号:楽天側でユニークな値が割り当てられます。 システム連携用SKU番号:縦横バリエーションが設定されていた場合、楽天側で自動発行(商品番号+ 横軸選択肢子番号+縦軸選択肢子番号)されます。

SKUプロジェクト移行後店舗のRMSで作成した商品

SKU管理番号:必須項目ですので設定が必要です。 システム連携用SKU番号:任意項目ですので設定は任意です。

JUNGLEから楽天旧店舗とSKUプロジェクト店舗に登録・更新した場合のSKUの扱い

旧店舗にJUNGLEから新規登録する場合

JUNGLEの代表商品コードを「商品管理番号」「商品番号」に登録(ともに同一の値)、 JUNGLEのバリエーション縦軸コードを「縦軸選択肢子番号」に、バリエーション横軸コードを「横軸選択肢子番号」に登録します。

SKUプロジェクト店舗にJUNGLEから新規登録する場合

JUNGLEのSKUを「SKU管理番号」「システム連携用SKU番号」に登録します。(ともに同一の値)

旧店舗のRMSで作成され、SKUプロジェクト店舗に移行した商品をJUNGLEから更新する場合、 または、SKUプロジェクト店舗のRMSで新規作成された商品をJUNGLEから更新する場合

JUNGLEのSKUと「システム連携用SKU番号」が同一である、または「SKU管理番号」で商品コード紐づけを行った商品を更新可能です。 ※JUNGLEからの更新の都度「システム連携用SKU番号」はJUNGLEのSKUを上書きしますのでご注意ください

JUNGLEで旧店舗に商品登録を行っていて、SKUプロジェクト店舗に移行されるお客様へ

バリエーションが存在する商品の「システム連携用SKU番号」は、下記の形で楽天側で自動発行されます。

商品番号+ 横軸選択肢子番号+縦軸選択肢子番号 JUNGLEより旧店舗に商品登録を行った場合は、商品番号に代表商品コードが、「横軸選択肢子番号」にバリエーション横軸コードが、縦軸コードを「縦軸選択肢子番号」が入力された状態です。

すなわち、JUNGLEのSKU生成ルールと同一のため、商品コード紐づけを行わずともそのまま商品の更新が可能です。

ただし、バリエーションが存在しない商品の場合は、「システム連携用SKU番号」は楽天側で自動発行されません。 JUNGLEでバリエーションなし商品を旧店舗に登録していた場合は、対象商品の「システム連携用SKU番号」にJUNGLEのSKU(バリエーションなし商品の場合は代表商品コードのみがSKU)をご入力ください。もしくは「SKU管理番号」で商品コードの紐づけを行ってください。 

3ヵ月間の無料体験

まずはお気軽に無料体験を!

JUNGLEの全機能が制限なく3ヵ月間ご利用いただけます

ご質問はお気軽にご相談ください!

チャット

画面右下の吹き出しボタンを押してください​
平日10:30~18:00まで

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームより詳細をご連絡ください
詳細に確認が可能です

最新情報

個人情報はプライバシーポリシーに記載の目的以外では一切使用いたしません。

お待ちください!

無料期間3ヶ月が経過し、正式なご契約を頂いたときの
初月料金を無料にするクーポン
を発行させていただきます。

下記よりメールアドレスをご登録いただいた方限定

このページは1度限り!
とりあえずゲットしておく?