商品コードについて

商品コードについて

商品コードとは個別の商品を表すコードのことで、SKUといわれたりします。

SKUとは、Stock Keeping Unit(ストック・キーピング・ユニット)の略で、受発注・在庫管理を行うときの、最小の管理単位をいいます。
同じ商品でもバリエーションの違いで区別し、商品よりも小さな単位に分類します。

例えばTシャツで、カラーが黒・白・赤の3色あり、サイズがS・M・Lの3種類ある場合、9 SKUの商品が存在することになります。

JUNGLEではSKU=SKUコードとして扱い、SKUは下記の形で生成されます。

【代表商品コード]+ [バリエーション縦軸コード]+[バリエーション横軸コード]

代表商品コード

代表商品コードは商品に対するコードになります。

上記の例でいえば、Tシャツに対するコードになります。

コードの考え方は会社によって様々です。コードを見ただけで商品の分類がわかると理想的かと思います。

例としてよくある生成ルールを見ていきます。

商品コード:1001940001001

最初の3文字がブランドを表すブランドコード、次は製作年を表す2文字、次がシーズンを4期で区切った製作期を表す1文字、
次はカテゴリーコードを表す4文字、次は連番の3文字で13桁のコードルールとなっております。

※この場合、同ブランド・同年・同期・同カテゴリの場合、999商品しか製作できませんのでご注意ください。

JUNGLEでは代表商品コードは半角英数ハイフンのみが利用可能です。

各モール・カートに汎用的に利用させる必要があるため、13桁の文字数制限がありますのでご了承ください。

SKU

SKUは商品の中に存在するバリエーションに対するコードとなります。

上記の例でいうと、「Tシャツのカラーが黒のSサイズ」までを表すことができます。

例ではTシャツにはカラーが3色・サイズが3種ありますので、合計9つのSKUがあることになります。

本システムの場合、

代表商品コード+横軸コード+縦軸コード

というように生成されます。

楽天市場をお使いの方は同様かと思います。

下記がSKUのサンプルです。

 

バリエーションの縦軸・横軸に対するコードのルールを決めておくことが理想です。

サイズであれば、

S=S001

M=S002

L=S003

カラーであれば、

黒=C001

白=C002

赤=C003

などとルール付けがあると管理しやすくなるかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください

JUNGLEでは代表商品コード、バリエーションコードを利用してSKUを発行いたします。

バリエーションコードは縦軸・横軸ともに半角英数ハイフンのみ利用可能です。

各モール・カートに汎用的に利用させる必要があるため、各バリエーションコードに5桁の文字数制限がありますのでご了承ください。

SKUの最大文字数は代表商品コード13桁+横軸バリエーションコード5桁+縦軸バリエーション5桁の最大23文字となります。

その他のナレッジベース

商品管理マネージャー

その他

よくある質問

FAQ

ご質問はお気軽にご相談ください!

または

チャットでご相談

画面右下の吹き出しボタンを押してください

最新情報

お待ちください!

下記よりメールアドレスをご登録いただいた方限定

無料期間3ヶ月が経過し、正式なご契約を頂いたときの
初月料金を無料にするクーポン
を発行させていただきます。

このページは1度限り!
とりあえずゲットしておく?