受注一覧と受注ステータスについて

JUNGLE管理画面より受注管理 > 受注一覧を開くと、連携しているカートやモールの受注一覧を閲覧し、編集を行うことが可能です。

JUNGLEの受注ステータスについて

JUNGLEの受注一覧画面では受注ステータスによって受注の状態を管理することが可能です。ステータスについては下記をご確認ください。

確認待ち
オペレーターの確認作業が必要な受注は確認待ちステータスにすると管理しやすいです。 確認待ちステータスに止めたい商品は商品登録時に基本情報の設定で 受注一覧ステータス「確認待ち」に止めるにチェックを入れてください。
入金待ち
銀行振込など前払いの受注は入金待ちステータスになるように設定しておくことができます。 支払方法によって設定が可能ですので、メニュー受注管理 > 支払方法管理より設定してください。
引当待ち
在庫連携していない場合で、在庫が引き当たらない場合と、商品登録時に「在庫がある場合この商品を自動で引当てる」にチェックしていない商品が含まれる受注は引当待ちステータスとなります。
任意の受注に手動で在庫を引き当てることができます。
出荷日待ち
確認も済んでおり、入金も確認済みで、在庫も引き当てられた受注で、出荷日を待っている状態の受注は出荷日待ちに集約しておきましょう。
受注伝票を開き、受注状態を出荷日待ちに設定し印刷指示日を入力してください。印刷指示日が未来の日付の場合は出荷日待ちになります。指示日当日になりましたら出荷待ちステータスに自動で移動します。
出荷待ち
納品書の印刷を待っている状態の受注は出荷待ちステータスにします。出荷待ちステータスの状態では納品書の印刷が行えます。納品書の印刷が終わりますと印刷完了日が自動的に伝票に入り、出荷処理中ステータスに移動します。
※伝票のチェックボックスにチェックを入れて「チェックした受注伝票の納品書を出力」または「チェックした受注伝票の印刷完了日を設定」を行ったときに出荷処理中ステータスとなります。
出荷処理中
出荷処理中ステータスの受注は、納品書の印刷が終わり、出荷を待っている状態となります。このステータスの時には配送会社の送り状の出力が可能です。出荷の処理を行い出荷してください。
配送会社の選択と配送会社から発行される発送伝票番号が入った状態で出荷確定日が当日になると出荷済みステータスに移動します。
出荷済み
出荷が完了した受注の一覧です。
※出荷済みの受注は当日分まで表示されております
キャンセル
何らかの理由でキャンセルした、またはお客様によってキャンセルされた受注です。
キャンセル受注の表示について

受注一覧の右上の「詳細検索」ボタンを押し、基本検索タブ > キャンセル状態を設定することで、受注一覧画面にキャンセルデータを表示・非表示することが可能です。

下記のように切り替えが可能です。

ーー:キャンセルデータが混在したすべての受注が一覧に表示

キャンセルは表示しない:キャンセルデータが受注一覧に非表示

キャンセルのみ表示:キャンセルデータのみ受注一覧に表示

※設定は一定の間保持されますのでご注意ください

その他のナレッジベース

商品管理マネージャー

その他

よくある質問

FAQ

楽天のSKUプロジェクトには対応していますか?

JUNGLEでは楽天のSKUプロジェクトに対応しております。
楽天店舗のサイト情報でAPIを2.0に選択いただくことで、SKUプロジェクトに店舗に対応した状態で機能いたします。

楽天商品登録での各コード

楽天旧店舗のRMSで作成し、SKUプロジェクト店舗に移行した商品

SKU管理番号:楽天側でユニークな値が割り当てられます。 システム連携用SKU番号:縦横バリエーションが設定されていた場合、楽天側で自動発行(商品番号+ 横軸選択肢子番号+縦軸選択肢子番号)されます。

SKUプロジェクト移行後店舗のRMSで作成した商品

SKU管理番号:必須項目ですので設定が必要です。 システム連携用SKU番号:任意項目ですので設定は任意です。

JUNGLEから楽天旧店舗とSKUプロジェクト店舗に登録・更新した場合のSKUの扱い

旧店舗にJUNGLEから新規登録する場合

JUNGLEの代表商品コードを「商品管理番号」「商品番号」に登録(ともに同一の値)、 JUNGLEのバリエーション縦軸コードを「縦軸選択肢子番号」に、バリエーション横軸コードを「横軸選択肢子番号」に登録します。

SKUプロジェクト店舗にJUNGLEから新規登録する場合

JUNGLEのSKUを「SKU管理番号」「システム連携用SKU番号」に登録します。(ともに同一の値)

旧店舗のRMSで作成され、SKUプロジェクト店舗に移行した商品をJUNGLEから更新する場合、 または、SKUプロジェクト店舗のRMSで新規作成された商品をJUNGLEから更新する場合

JUNGLEのSKUと「システム連携用SKU番号」が同一である、または「SKU管理番号」で商品コード紐づけを行った商品を更新可能です。 ※JUNGLEからの更新の都度「システム連携用SKU番号」はJUNGLEのSKUを上書きしますのでご注意ください

JUNGLEで旧店舗に商品登録を行っていて、SKUプロジェクト店舗に移行されるお客様へ

バリエーションが存在する商品の「システム連携用SKU番号」は、下記の形で楽天側で自動発行されます。

商品番号+ 横軸選択肢子番号+縦軸選択肢子番号 JUNGLEより旧店舗に商品登録を行った場合は、商品番号に代表商品コードが、「横軸選択肢子番号」にバリエーション横軸コードが、縦軸コードを「縦軸選択肢子番号」が入力された状態です。

すなわち、JUNGLEのSKU生成ルールと同一のため、商品コード紐づけを行わずともそのまま商品の更新が可能です。

ただし、バリエーションが存在しない商品の場合は、「システム連携用SKU番号」は楽天側で自動発行されません。 JUNGLEでバリエーションなし商品を旧店舗に登録していた場合は、対象商品の「システム連携用SKU番号」にJUNGLEのSKU(バリエーションなし商品の場合は代表商品コードのみがSKU)をご入力ください。もしくは「SKU管理番号」で商品コードの紐づけを行ってください。 

ご質問はお気軽にご相談ください!

または

チャットでご相談

画面右下の吹き出しボタンを押してください

最新情報

お待ちください!

無料期間3ヶ月が経過し、正式なご契約を頂いたときの
初月料金を無料にするクーポン
を発行させていただきます。

下記よりメールアドレスをご登録いただいた方限定

このページは1度限り!
とりあえずゲットしておく?