JUNLGE ブランドロゴ

スコア後払い(@払い) プラグインの設定

スコア後払い(@払い) for Woocommerce by JUNGLE プラグインは、JUNGLEが株式会社SCOREと連携して開発したWoocommerce用の決済プラグインです。

JUNGLEをご利用のお客様はもちろん、JUNGLEをご利用でないWoocommerceをお使いの場合もご利用可能な決済プラグインとなっております。

弊社経由で株式会社SCOREとご契約を行うことで、本プラグインは無償でご提供させていただいております。

既に株式会社SCOREとのご契約が済んでいるお客様にも低価格でご提供可能です。

スコア後払いの設定と使用方法

まずはプラグイン本体をお使いのWordpressにインストールします。

プラグインは弊社よりZIPで配布させていただいております。

JUNGLEサービスをご契約の方は既にインストールされております。

スコア後払い(@払い) 各種キーの確認

株式会社SCORE様より発行された「加盟店ID」と「ダイレクトPW」の2点が必要です。

発行され次第ご利用可能となります。

スコア後払い(@払い) プラグイン設定

お使いのWordpressの管理画面にアクセスし、

左メニューWoocommerce>設定をクリックし、決済タブを表示してください。

https://〇〇.〇/wp-admin/admin.php?page=wc-settings

「Jungle SCORE Pay」と書かれた行の「管理」ボタンをクリックしてください。

有効化することでスコア後払い(@払い)をWoocommerceの決済画面に表示します。

この設定で入力した文言が店舗内での決済名として表示されます。

この設定で入力した文言が店舗内でのチェックアウトページで決済を選択した際に表示されます。

スコア後払いで決済された際、Woocommerceの受注管理画面でどのステータスになるかの設定です。

スコア後払い決済は通常、お支払いと同時に決済が完了しますので、処理中のままで問題ございません。必要な際は別の値でご設定も可能です。

株式会社SCORE様より発行された「加盟店ID」をご入力ください。

株式会社SCORE様より発行された「ダイレクトPW」をご入力ください。

請求書別送か請求書同梱の設定が可能です。

請求書を同梱する場合は別途株式会社SCORE様とのご契約が必要となりますのでご注意ください。

また、購入者住所情報と配送先住所情報が異なるご注文の場合は、同梱サービスはご利用いただけないため強制的に請求書別送扱いとなります。

店舗のURLをhttps(http)よりご入力ください。

店舗名をご入力ください。

倉庫などと契約していて、倉庫側のシステムでSCORE側へ出荷報告をする場合オンにします。(倉庫システム等でSCOREへ出荷報告)

オフの場合はWoocommerceのプラグイン側でSCOREへ出荷報告(配送会社と配送番号を送る)をします。

スコア後払いの決済時にユーザーに手数料を請求したい場合の金額を税抜でご入力ください。

請求しない場合は空で設定してください。

スコア後払いで決済可能な上限金額を税抜でご入力ください。この金額を超えるご注文時にはスコア後払いが決済選択肢に表示されません。

税率を(%)で設定してください。

与信をチェックするタイマー間隔。

通常即時審査が完了しますが、保留(HOLDステータス)の際タイマーの間隔でチェックし与信OKかNGが返ってくるのを待ちます。

与信がNGだった場合にユーザーにメールを送信するかどうかを選択します。

与信NGメールの件名を設定可能です。

与信が通らなかった時ユーザーに送信するメール本文を設定可能です。

連携するにチェックを入れることで受注データがJUNGLEの受注連携システムに連携されます。プラグイン単体でのご利用の方はチェックしないでください。

⓲にチェックを入れた際に入力します。Jungleサービスから提供された番号を入力してください。

スコア後払い決済をデバッグモードで動作させます。

テスト決済時にご利用ください。

スコア後払いプラグイン テスト決済

スコア後払い(@払い) の設定画面でDEBUGモードになっていることを確認してください。

DEBUGモードになっている場合はテスト決済が可能です。

実際に自サイトで決済を行ってください。

出荷報告

実際に決済が完了した受注ではSCOREへの出荷報告が必須です。以下の手順に沿って受注伝票を更新することでSCOREに出荷報告が完了します。

JUNGLE受注管理システムのご利用の有無によって出荷確定方法が異なります

JUNGLE受注管理システムをお使いの場合

注文商品を出荷してください。

受注管理画面より配送番号を入力して出荷確定を行ってください

JUNGLE受注管理システムを利用していない場合

注文商品を出荷してください。

Woocommerce > 注文 より対象の受注を開きます。

右図のように出荷情報と書かれた欄の右端の鉛筆アイコンをクリックしてください。

配送会社の選択と、配送番号の入力欄が表示されます。

実際に配送を行った配送会社の選択をして、

配送会社から発行された配送番号を記入します。

受注ステータスを完了にして、更新してください。

以上で出荷が完了され、SCOREに出荷報告がされます。

スコア後払い管理画面の確認

スコア後払いの管理画面で対象の受注が正常に出荷報告されたか確認を行ってください。

スコア後払いの管理画面で対象の受注を検索してください。

発送情報登録日に日付が入っていたら正常に出荷報告がされておりますのでご確認ください。

スコア後払い(@払い) プラグイン 本番設定

スコア後払い(@払い) の設定画面でDEBUGモードのチェックを外してください。

株式会社SCORE様の審査が通りましたら本番決済が可能となります。

実際に自サイトで決済を行ってください。

ご利用開始

その他のナレッジベース

商品管理マネージャー

その他

よくある質問

FAQ

佐川[e飛伝III]形式で出力・ヤマト[B2クラウド形式]で出力の場合の配送時間の変換についてご案内いたします。

モールやカートから取得した受注データの配送希望日時は、JUNGLEに取り込まれる際に、

全体を半角に変換し、「〜」は半角「-」に変換いたします。

例:14:00〜16:00 => 14:00-16:00

CSV出力される際には下記のように変換して出力されます。

佐川[e飛伝III]形式ヤマト[B2クラウド形式]※タイム、DM便以外
午前中 = 01
08:00-12:00  = 01
12:00-14:00 = 12
14:00-16:00 = 14
16:00-18:00 = 16
18:00-20:00 = 18
18:00-21:00 = 04
19:00-21:00 = 19
指定なし = 空白
午前中 = 0812 08:00-12:00 = 0812
14:00-16:00 = 1416
16:00-18:00 = 1618
18:00-20:00 = 1820
19:00-21:00 = 1921

※カートやモール側で選択肢を統一していただく事を推奨いたします

ステータスによって一括で更新することが可能です。

●全てのステータス→出荷済みステータスへの一括変更

全てのステータスで受注一覧のチェックボックスを付けた受注を出荷済みステータスに変更が可能です。

左上にあるメニューを開き「チェックした受注伝票を出荷済みにする(注意:在庫引当前受注は引当なしで出荷済みに変更)」を押してください。

※在庫引当前の受注も引き当てを無視して出荷済みとなってしまいますのでご注意ください。

●出荷日待ちステータス→出荷待ちステータスへの一括変更

出荷日待ちにある受注一覧のチェックボックスを付けた受注を出荷待ちステータスに変更が可能です。

左上にあるメニューを開き「チェックした受注伝票の印刷指示日を設定」を押して、印刷指示日を入力してください。

●出荷待ちステータス→出荷処理中ステータスへの一括変更

出荷待ちにある受注一覧のチェックボックスを付けた受注を出荷処理中ステータスに変更が可能です。

左上にあるメニューを開き「チェックした受注伝票の印刷完了日を設定」を押して、印刷完了日を入力してください。

または「チェックした受注伝票の納品書を出力」を行うことでも出荷処理中ステータスに変更されます。

●出荷処理中ステータス→出荷済みステータスへの移動について

出荷確定日を迎えると出荷済みステータスに自動で移動いたします。

出荷確定日を本日より後の日付にするとステータスは出荷処理中のままとなります。

●配送会社データから受注伝票に配送番号を反映

配送会社データから受注伝票に配送番号を反映を行うことでステータスを移動させることも可能となります。

JUNGLEでは現状バリエーションの削除機能がございません。

削除したいデータのリストをいただければ弊社側での削除を承りますのでお問い合わせください。

JUNGLEでは一度作成した商品への新バリエーションの追加が可能ですが、

バリエーションの削除・変更や入れ替えはできません。

登録した商品をJUNGLEから削除していただき再度ご作成ください。

※連携サイト側にすでにJUNGLEから登録している場合はサイト側の商品も削除してください。

商品の削除についてはこちらをご覧ください

 

 

商品CSVインポートでは、商品情報CSVのみのアップロード、商品情報CSVと画像ファイル(zip)の同時アップロードが可能です。

画像ファイル(zip)のみのアップロードはできません。

Yahoo用のCSVインポートについてはストアクリエイターProから出力したCSVをインポート可能です。

CSVヘッダは、[name][code][sub-code][price][explanation][product-category]が必須となりますので、ストアクリエイターProのCSVエクスポート設定で出力対象をご確認いただきご利用ください。

JUNGLEではバリエーションがある商品のSKUにつきましては

【代表商品コード]+ [バリエーション縦軸コード]+[バリエーション横軸コード]

での自動生成となっておりますので、指定したいSKUが上記のルールに該当する場合は、指定したSKUを生成可能となりますが、

バリエーションあり商品のSKUを直接的に指定することはできません。

1つの方法といたしまして下記の方法がございます。

①代表商品コードとして指定したSKUを割り当てバリエーションなし商品を作成します。※こちらはECサイト登録を行いません。

②商品登録用に、①の同一商品をバリエーションあり商品でご登録いただきます。※こちらでECサイト登録を行います。

③JUNGLEのセットSKUアプリを利用して、②に対して①を構成品としてセット商品を作成します。

セット商品機能につきましては下記をご覧ください。

https://ec-jungle.com/knowledge-base/set_product

 

在庫の引き当ては受注ステータスが引当待ちから次のステータスに移動する際に発生いたします。

自動引当に設定されていない商品につきましては受注ステータスが引当待ちから進むことはありませんが、

自動引当に設定されている商品の場合は引当待ちから次のステータスに自動で遷移することが可能です。

下記のステータスについてご確認ください。

https://ec-jungle.com/knowledge-base/受注一覧と受注ステータスについて

販売価格調整機能についてご案内いたします。

販売価格調整機能はカートやモール毎に販売価格を変更したい場合にご利用いただけます。

こちらの機能は商品一覧ページの各商品の「商品価格情報を編集」ボタンをクリックした先の、

商品価格情報に入力される金額の初期値をサイト毎に調整する機能となります。

入力方法ですが下記のようにご入力ください。

・500円高くしたい場合 = 500 [円]を選択

・500円安くしたい場合 = -500 [円]を選択

・20%高くしたい場合 = 20 [%]を選択

・20%安くしたい場合 = -20 [%]を選択

商品価格情報ページより更新した際にはじめてサイト側に適用されます。

初回にECサイト登録を行った際は基本情報の販売価格がサイトに送信されますのでご認識の上ご利用くださいませ。

商品一覧で、対象の商品の「基本情報を編集」ボタンを押下し、表示されたページの右上に削除ボタンがあります。
ここで削除すると、一旦商品メニューの削除済み商品一覧に移動します。
削除済み商品一覧に存在する状態ですと、一覧から削除されるのみで、過去の受注伝票等で参照され、データが保たれます。

削除済み商品一覧メニューで、完全消去すると、JUNGLE内から完全に削除されます。

3ヵ月間の無料体験

まずはお気軽に無料体験を!

JUNGLEの全機能が制限なく3ヵ月間ご利用いただけます

ご質問はお気軽にご相談ください!

チャット

画面右下の吹き出しボタンを押してください​
平日10:30~18:00まで

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームより詳細をご連絡ください
詳細に確認が可能です

最新情報

個人情報はプライバシーポリシーに記載の目的以外では一切使用いたしません。

2ヶ月間の完全無料期間(基本使用料 + 従量課金)をプレゼント

お待ちください!

無料期間3ヶ月が経過し、正式なご契約を頂いたときの
初月料金を無料にするクーポン
を発行させていただきます。

下記よりメールアドレスをご登録いただいた方限定

このページは1度限り!
とりあえずゲットしておく?